健康管理の情報コラム

心身共に健康な暮らしを送るというのは何ごとにも代え難いぐらいに重要な要素であり、普段健康に過ごせている時には当たり前のように思えても、少し体調を崩しただけでもその大切さを身にしみて感じることも多いことと思います。このようなことから日頃から身体の状態に無頓着になり過ぎず、出来るかぎり健康的な生活習慣を意識して過ごすように心掛けたいものです。

【健康管理の情報コラム】では、健康管理をする上で役立つ情報や病気に関する話題について紹介しています。

健康情報コラム一覧

健康トピックス

【コレステロールや中性脂肪の異常値】
体内の脂質の量に問題が生じている【脂質異常症】は、血液中のLDLコレステロール (悪玉コレステロール) や中性脂肪 (トリグリセリド) が高い,あるいはHDLコレステロール (善玉コレステロール)が低い状態のことで、かつては「高脂血症」という疾患名で呼ばれていました。

脂質異常症のみではこれといった自覚症状などを感じることはないのですが、動脈硬化との関連性が高く、脂質異常症の改善や治療をせずに放置しておくことで、いずれは心筋梗塞や脳卒中などといった病気を誘発する原因となりえます。治療に関しては基本的に食事療法、運動療法が中心となり、改善が見られない場合や既に何らかの合併症を引き起こしている患者さんなどでは薬物療法を併用することもあります。

ニュース・トピックス

【脂質異常症の運動療法】
脂質異常症を治療する上での基本は食事療法と運動療法であり、実際にコレステロールや中性脂肪の数値が高いということで食生活に関して色々と努力されている人も多いと思われますが、運動習慣に関してはないがしろになっている方が結構居られるようです。

ただ、運動という面もひじょうに大切な要素であり、長期にわたる習慣的な運動療法を実施することにより血中脂質の数値に対して好影響を与えることになります。

脂質異常症を改善することに目的をおいた具体的な運動方法では、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動が有効であると考えられており、カラダに無理な負担を感じない程度で可能な限り毎日行うことが推奨されています。但し注意点として、事前に病院で狭心症や心筋梗塞などの有無をはじめ健康状態を確認した後、自分の基礎体力や年齢などを踏まえて適切な運動量を設定する必要があります。

Yahoo!ニュースより参照抜粋