噛み合わせ矯正マウスピース

歯の噛み合わせを矯正するマウスピースの特長などについての紹介。

歯の噛み合わせ矯正にはマウスピースを使用して自然に改善させる方法があり、歯医者さんでも歯列矯正の矯正装置として治療に用いられていますし、健康関連のアイテムを取り扱う店舗などでは市販のものも販売しています。

ただし、専門の歯科で使用される矯正マウスピースと、市販商品として販売されている矯正マウスピースとでは、やはり理想とする噛み合わせや歯並びを結果的に得られるのかどうかでの差があるものと思われます。もちろん矯正にかかる費用を考えると、本格的に行われる歯科でのマウスピース矯正の方が圧倒的に高額となりますので、それぞれにメリット・デメリットがあるということになるようです。

矯正マウスピースの特長

矯正マウスピースの特長噛み合わせの矯正や、歯並びをキレイにする為に歯列矯正を行う際には、従来から金属の金具やワイヤーを装着することが多いようですが、治療期間中に目立ちやすいなど、どうしても見た目でのデメリットが挙げられます。

矯正マウスピースでは、透明な素材を使用していたり、簡単に取り外しも可能というタイプのマウスピースが多いので、金属の金具やワイヤータイプのように装着時の見た目の悪さや煩わしさを比較的感じることもなく、誰にも気づかれずに矯正できるといったメリットがあります。

ただマウスピース矯正で噛み合わせや歯並びの治療を行う場合、抜歯などをする必要性が無いような軽度のケースに限られるようで、ある程度大掛かりな治療を必要とする患者さんの場合では適用できないといった条件が伴うようです。

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正で噛み合わせや歯並びを改善する場合にかかる治療費用は、治療を開始する時点での患者さんの歯の状態の違いによって期間も異なってくるので一概には言えませんが、マウスピース矯正の費用としては数十万円といった料金がかかることが一般的なようです。

歯科医との相談の上、治療を開始する

歯科でのマウスピース矯正は、根本的に治療を始めてから歯列の移動に合わせて、定期的にその都度現状の歯並びに合ったマウスピースを装着することとなりますので、矯正期間が長く必要であるケースほどマウスピースを作り替える回数も増え、矯正費用も金額的に高くなります。

このように治療費の料金面のことを考慮した上で、費用面を含めて先ずは歯科医との相談の上、治療を開始することが大切です。

噛み合わせと肩こり・頭痛などの症状

噛み合わせと肩こり・頭痛歯の噛み合わせが悪いということが原因で【肩こり】【頭痛】などといった症状が引き起こされる場合もあり、それらの症状の全ての原因が歯の噛み合わせの悪さから生じているとは限りませんが、長年にわたって継続しており根本的な原因がイマイチ良く分からないといった場合であれば、要因のひとつとして疑ってみる余地がありそうです。

噛み合わせが悪いと、それを補おうとしてどうしても食事をする際に不自然な咀嚼(食べ物を噛み砕いて消化しやすくする)をすることとなり、その状態が長く続いて習慣化することで顎の関節や周辺の筋肉に負担を掛けることとなり、その結果として肩こりや頭痛などの症状を誘発する原因となるようです。

ニュース・トピックス

【がん検診とメタボ健診】
2008年4月からスタートした新しい健診制度である【メタボ健診(特定健診・保健指導)】が実施されてから、自治体による【がん検診】の受診者が減少しているとのこと。

この背景にはメタボ健診の受診が義務付けられているのに対して、がん検診は努力義務にとどまることから、市町村ら自治体の啓発活動がメタボ健診に集中したことによる影響と、サラリーマンの妻はメタボ健診を受診するにあたって夫が勤める会社の健康保険組合が指定する病院で受けることになったことで、市町村が実施する癌検診には行かなくなった主婦などが増えたことも要因として挙げられるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋