頭皮のできもの・湿疹

頭皮にできもの・湿疹ができる原因についてと症状や治療法についての解説。

頭皮できもの湿疹が生じて頻繁にかゆみを感じたり、症状がひどくなると赤みを帯びて炎症を起こして痛みを感じたりするケースや、掻くことで頭皮を傷つけ「かさぶた」ができることもあります。

頭皮の湿疹や皮膚炎として多く見られるのが【脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)】と呼ばれるもので、ハッキリとした原因が解明されているわけではないのですが、基本的に皮脂の分泌量が多いことや頭皮の不衛生、また、真菌(カビ)が原因であるとも言われています。

ただし、できものや湿疹が必ずしも脂漏性湿疹であるとは限らず、原因としてはいろいろと考えられますので、治療法としてはまず原因を把握することが最優先であり、自己判断で原因とは関係のない対策を行っても改善されないばかりか更に悪化させる場合もあります。

頭皮にできもの・湿疹ができる原因

頭皮にできもの・湿疹ができる原因頭皮にできものや湿疹ができる原因としてはいろいろと要因があるのですが、やはり一番よくあるパターンとして考えられるのが、頭皮を清潔な状態に維持できていないケースや、それとは反対にキッチリと洗髪しているにも関わらず、使用しているシャンプーなどの成分が自分の皮膚には刺激が強過ぎることで、湿疹ができたり炎症を起こす場合があります。

また、洗髪後にすすぎがしっかりと行われていないことでシャンプーやリンスの成分が頭皮に残り、それが原因でできものや湿疹ができてしまうケースも多々あります。その他に体質的な側面からは、皮脂の過剰分泌によって頭皮の毛穴が詰まったりすることで、顔と同じようにニキビのような吹き出物ができる場合も多いと考えられます。

脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)

頭皮は身体の中でも特に皮脂腺が多くある部位なので、どうしても洗髪などをはじめとするケアを怠ると毛穴に皮脂が詰まってしまいがちになるので、できものや湿疹が生じやすくなります。

また、頭皮に皮脂が過剰にあることで細菌や微生物が繁殖しやすくなることも、できものや湿疹ができる原因になり、これらが【脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)】または【脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)】と呼ばれるもので、フケが多くなったり頭皮のかゆみを感じやすくなるのが特徴的な症状として挙げられます。

頭皮の皮脂量

頭皮を含め分泌される皮脂量というのは、基本的に男女の違いや年齢層の違いによって異なりますが個人差もあり、持って生まれた体質や食生活をはじめとする生活習慣の影響によっても大きく左右されます。

一般的に頭皮の皮脂量が多い人の特徴としては、下記のような項目に該当することが多いです。

・毎日洗髪をしないと髪の毛がベタつく
・フケが多く、フケ自体が湿っている
・頭皮が痒いと感じることが多い
・顔の肌がすぐ脂っぽくなる

頭皮のできもの・湿疹の治療法

頭皮のできもの・湿疹の治療法としては、まずその原因を把握することが重要であり、原因とは関係のない対処をしても改善されないばかりか更に悪化させる場合もあります。そういったことから、長期にわたって治らず続いている場合には皮膚科などの専門の病院で診察してもらうことがことが最善策です。

脂漏性湿疹の治療

できものや湿疹の原因が一般的に多く見られる脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)であれば、ステロイド系や抗真菌タイプの外用薬(塗り薬)を処方されることが多いようですが、それらの治療薬を使用する・しないに関わらず、まず患部である頭皮を清潔に保つことを心掛け、古くなった皮脂が酸化するのを予防したり、細菌の繁殖を抑制することが重要となります。

そのためには、きっちりと洗髪することが必須となるのですが、ただし頭皮にとってある程度の皮脂は必要なので、洗浄力の強過ぎるシャンプーを毎日使っていたり、神経質ぐらいに洗い過ぎることはかえって皮脂の過剰分泌を促進することにもなりえますので注意する必要があります。また、洗髪時に爪などを立てて洗うことで頭皮を傷つけたり、刺激することになりますので注意しないといけません。

皮脂分泌量に影響を与える食品

脂漏性湿疹やニキビなどのできものは皮脂の過剰分泌が大きな原因となっていることが多いので、皮脂の分泌量を増加させる脂肪分の多い、いわゆる脂っぽい食品や糖分の多い食べ物を控えたり、皮脂分泌量のコントロールに影響をもたらしているビタミンB2やB6を含む食品を意識して摂取するなど、食生活の改善も大切なポイントとなります。

ビタミンB群は食事から補いきれない分をサプリメントなどで補給するなどしても良いと思います。

脂漏性皮膚炎の治療薬

脂漏性皮膚炎の治療薬脂漏性皮膚炎の治療薬として【ケトコナゾール】を主成分とする塗り薬を処方されることが多いです。

ケトコナゾールには真菌(カビ)を殺菌する作用があり、真菌を原因とした皮膚病に対してひじょうに効果的な作用があるとされており、水虫の治療薬として有名なのですが、脂漏性皮膚炎にも有効な作用があることが分かっています。

海外では【ニゾラルシャンプー】といった商品名でケトコナゾール入りのシャンプーも市販されているのですが、日本では未認可なので個人輸入の代行業者などを利用して購入するか、処方している病院にて診察を受ける必要があります。

ニュース・トピックス

【がん検診とメタボ健診】
2008年4月からスタートした新しい健診制度である【メタボ健診(特定健診・保健指導)】が実施されてから、自治体による【がん検診】の受診者が減少しているとのこと。

この背景にはメタボ健診の受診が義務付けられているのに対して、がん検診は努力義務にとどまることから、市町村ら自治体の啓発活動がメタボ健診に集中したことによる影響と、サラリーマンの妻はメタボ健診を受診するにあたって夫が勤める会社の健康保険組合が指定する病院で受けることになったことで、市町村が実施する癌検診には行かなくなった主婦などが増えたことも要因として挙げられるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋