ヤーコン茶の効能・効果

ヤーコン茶の効能・効果に関する解説とヤーコンの食べ方・料理法についての紹介。

ヤーコン茶効能効果には、【糖尿病】や【高血圧】といった日本でもひじょうに多い生活習慣病の予防の他、血液中の【中性脂肪】や【コレステロール】といった脂肪の数値を下げる働きもあることから、肥満防止によるダイエット効果も期待できると考えられています。

ヤーコン茶が持つこれらの効能は、含まれている栄養素ならびに機能性を持った成分の作用によるもので、ひじょうに注目されています。また、ヤーコン芋(塊根の部分)に含有される栄養成分にもさまざまな効能があると考えれており、健康野菜として食べられるようになってきています。

ヤーコン茶の効能

ヤーコン茶の効能ヤーコン茶の効能の中でも特に注目されているのが、血糖値を下げる効果があることから糖尿病の予防に貢献するといった要素です。この血糖値を下げるといった作用については、まだ医学的に明確なことが立証されていないのですが、さまざまな研究結果などからその有効性が明らかになりつつあります。

ヤーコン茶で糖尿病の予防

ヤーコン茶の効能の中でも糖尿病に対する予防効果が期待できるといったことがよく知られています。これはヤーコンの葉や茎の部分の成分として豊富に含まれている【ポリフェノール】の種類の中に、体内で糖質の吸収を遅らせる働きがあり、これにより食後の急激な血糖値の上昇を予防する効果があると考えられているからです。同様な作用を持つ【水溶性食物繊維】もヤーコン茶には多く含まれています。

また、体内で膵臓(すいぞう)から分泌され、血糖値を下げる作用をしている【インスリン】と呼ばれるホルモンと同じような作用をする成分がヤーコンに含まれているとも考えられており、まだハッキリとした解明には至っていないのですが、このインスリン様成分が血糖値の上昇を抑制することに繋がっているのではないか考えられています。以上のようなことから民間療法の一つとして、ヤーコン茶が糖尿病対策に有効に作用すると考えられ注目を浴びているワケです。

動脈硬化や高血圧の予防

ヤーコン茶には、カテキンやフラボノイド、クロロゲン酸などのポリフェノール類が含まれていることから、血管の弾力性が失われたり血液の流れが滞る【動脈硬化】を予防するといった効能が挙げられます。ポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化が進行する大きなリスク要因と考えられている、血液中の悪玉コレステロールが酸化することを抑制する働きがある他、その結果として血管が健康な状態になり血液の流れもスムーズになることから【高血圧】の予防にも繋がる効用があると考えられています。

また、ヤーコン茶には血圧を下げる働きを持った【カリウム】がひじょうに多く含まれていることも、高血圧の予防・改善に効果的であると考えられる要因の一つと言えます。

ヤーコンで便秘解消

ヤーコンの塊根(芋の部分)には、【フラクトオリゴ糖】と【食物繊維】が豊富に含まれており、これらの成分が機能的に作用することから、便秘の改善・解消効果が高いと言われています。フラクトオリゴ糖というのは色々な種類があるオリゴ糖の一種で、腸内で善玉菌と呼ばれる【ビフィズス菌】を増加させる整腸作用があり、その結果として腸内環境が良好になると共に腸の運動も活発になるので、便通も良くなり便秘の改善・解消に繋がるといった効能があります。

また、ヤーコンには水溶性食物繊維が多く含まれているのですが、不溶性食物繊維も含んでいるので、ひじょうに有効な排便促進作用があり、更にフラクトオリゴ糖の働きによる相乗効果により、優れた便秘解消効果が期待できると考えられています。慢性的な便秘で悩まされている人であれば、ヤーコン芋を食材にした料理を食べてみてはいかがでしょうか。

ヤーコンの食べ方・料理法

ヤーコンは葉や茎の部分をヤーコン茶として飲まれることが多いのですが、サツマイモのような塊根の部分も栄養成分が豊富に含まれており、料理の食材としても美味しく食べることができます。

ヤーコンには幾つかの品種があり、それぞれに肉色や味などに違いがあるようです。ヤーコンを料理の食材として利用する場合、生でも食べられるのでサラダや酢の物にして食べるのが、食感も良くて一番オススメですが、きんぴらや天ぷらにしたり、また漬け物にしても食べられます。

ヤーコンを使った調理法でのポイント

ヤーコンを食材にした調理法でのポイントとして、切ってから空気に触れて時間が経つと変色するので、調理の際に切ってからすぐに水や酢水にさらすようにしましょう。

ただし水や酢水にさらす場合、水溶性の栄養成分が溶けだし損失してしまうので、栄養面を考えるとあまり長時間浸しておくのは問題があります。この対策として、ヤーコンの皮を剥いた後、電子レンジで加熱すると、変色の原因となる酵素を取り除くことができるそうなので、この方法を利用するのも良いと思われます。

ヤーコンジュース

ヤーコンを食材とした料理レシピは、インターネットのサイトでもいろいろと紹介されていますが、ミキサーにかけてヤーコンジュースにするのも簡単に作れるのでオススメです。

ヤーコンジュースなら飲む直前に作れば変色を気にすることもないですし、味のアクセントとしてレモン果汁を加えることでも変色させにくくできます。また、お好み次第で他の野菜や果物などをレシピ食材に加えれば、ビタミンやミネラルなども豊富に摂取できるので、一度作られてみてはいかがでしょうか?

ヤーコンダイエット

ヤーコンダイエットヤーコンにはさまざまな栄養成分を含んでいることから、これまで述べてきたような効能があるとさているのですが、その他の効能として【ダイエット効果】も期待できるといったことが考えられています。

これはヤーコンの成分に、食事などから摂取した脂質をエネルギーにする脂質代謝を促進する作用があるといった、研究結果が発表されていることに由来する考えのようです。また単純に、低カロリーである上に、ヤーコンには水溶性食物繊維が多く含まれており、満腹感を得られやすい食べ物であることから肥満解消に役立つとされているようです。

ニュース・トピックス

【肥満の人の食習慣】
肥満になる直接的な原因としては暴飲暴食や運動不足などといった生活習慣が主たる要因として挙げられるのですが、食生活に関して言えば脂肪分や糖質の多いものを好んで食べるといった食事内容だけでなく、太りやすい食習慣というものもあるようです。

肥満の人の食習慣として具体的には、【食べ物をよく噛まずに早食い傾向にある】【間食をする習慣がある】【食事時間が不規則】などが挙げられ、いずれの項目も太りやすくなる原因に繋がると言われています。

肥満解消のためにいろいろな努力をしていても、先に挙げたような食習慣がある人の場合では、努力の効果が実を結ばずになかなか結果に繋がりにくくなっているケースがあるようなので、自分の食習慣を今一度見直してみてはいかがでしょうか?

Yahoo!ニュースより参照抜粋