尿検査での尿蛋白測定

尿検査での尿蛋白測定と、基準値より高い場合についての解説。

尿検査では尿中に含まれている蛋白(タンパク)、いわゆる【尿蛋白】の量を調べることが一般的であり、この尿蛋白の量が基準となる数値より多い場合に陽性と診断されます。一度の尿蛋白検査で陽性となった場合でも、すぐにその原因が何らかの病気と関係しているとは断定できませんので、あまり不安視する必要もありませんが、陽性のランク(尿蛋白濃度の程度)によっては、念のため病院で診察・診断を受けるようにしましょう。

尿蛋白の数値が異常に高い状態が継続している場合、腎臓障害などの病気が疑われますので、必ず放置せず専門医のいる病院で受診することが重要です。

尿蛋白の原因と病気の可能性

尿蛋白の原因尿蛋白の数値が高い原因としては、一過性のものも含めていろいろと要因が挙げられるのですが、数回の尿検査にわたって継続して尿蛋白の陽性反応が出ている場合、腎臓病や尿路系の器官で何らかの異常があるなど、病気を原因としている可能性が疑われます。

身体に異常がなく健康な人の場合でも、1日あたり微量の蛋白が尿に排泄されているのですが、腎臓に障害が起きたり尿路に問題が生じると多くの蛋白が尿へ漏れだすこととなり、その結果として尿蛋白の濃度も高くなるため陽性反応を示すこととなります。

1回の尿検査だけでは確定的ではない

ただし尿蛋白が陽性であった場合でも、ある程度以上の量が持続して示されていることで腎臓病など何らかの病気が疑われるのであって、1回の尿検査において陽性であったからといって確定できるものではありません。

尿蛋白の正常値・基準値

尿蛋白というものは、先に述べたように健康な人でも僅かながら尿に排泄されており、具体的な数値としては【1日あたり約40〜120mg】ぐらいであるそうで、150mgぐらいまでなら特に問題ないとされています。

尿蛋白の正常値というか基準値としては、【1日あたり15mg/dl以下】が目安となっており、尿蛋白の検査においてこの数値以下であれば【陰性(ー)】となり、15mg/dl以上の数値であれば【偽陽性(±)】および【陽性(+)】と診断されます。

尿蛋白検査の基準値

尿蛋白の数値 診断
15mg/dl以下 陰性(ー)
15〜30mg/dl 偽陽性(±)
30mg/dl以下 陽性(+1)
100mg/dl以上 陽性(+2)

健康診断での尿検査などで尿蛋白の陽性反応が出た場合でも、比較的【激しい運動をした後】や【発熱がある時】の他、【妊娠をしている時】や【起立性蛋白尿】と呼ばれる子供や若者などによく見受けられる現象によって、尿蛋白が増加することがあるので、1回の尿蛋白検査で陽性となってもこれらの条件に当てはまる場合であれば、過剰に心配する必要はないようです。

腎臓病の食事療法

腎臓病の食事療法腎臓に障害が生じて機能低下が引き起こると、尿にタンパク質や赤血球が漏れだしたりして、その結果として【尿蛋白】や【尿潜血】の検査で陽性反応となります。

腎臓病の原因や症状としてはたくさんの種類があるので一概には言えませんが、食生活をはじめとする生活習慣も大きく影響していると考えられており、腎臓病の治療では食事療法がひじょうに重要視されています。

腎臓病と共に高血圧の心配がある患者さんでは【塩分】の摂取制限が必要ですし、腎臓病の種類や症状によって【タンパク質】や【カリウム】の摂り過ぎに注意する必要も出てきます。ただし、それらの制限などは個々の病状により異なるので、あくまでも医師の指導のもとに実施することが大切です。

ニュース・トピックス

【下痢や便秘などを繰り返す過敏性腸症候群】
健康診断などで胃腸の検査を受診してもこれといった問題がないのに、日常で下痢や便秘などを繰り返し起こすことがよくあるといった人が結構居られるようですが、もしかすると【過敏性腸症候群】である可能性が考えられます。

過敏性腸症候群というのは何らかの原因によって、小腸や大腸が過敏になることで便通異常を引き起こすといった病気で、ストレスにより自律神経のバランスが乱れることで発症しやすいと言われており、日常的にストレスが多くなりがちな現代社会では該当する患者さんが増加傾向にあると考えられています。

過敏性腸症候群になりやすい人というがあるらしく、生真面目・内向的・情緒不安定などといった精神的なストレスの感受性が強い人ほど発症しやすい傾向にあると考えられているようです。また、便通異常を必要以上に心配し過ぎることも、症状を改善しにくくしている要因のひとつになるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋