霊芝の効能・効果

霊芝の効能・効果に関する解説と、有効成分が豊富に含まれる鹿角霊芝についての紹介。

霊芝効能効果として一般的に注目されているのは、免疫力を高める作用が強いことから【癌(がん)】に対する効能です。そもそも霊芝は古来よりその優れた薬効の高さから、【不老長寿の薬】や【幻の霊薬】などと称され珍重されてきたキノコの一種で、キノコには実にさまざまな種類があるのですが、霊芝はマンネンタケ科に属するマンネンタケ(万年茸)のことを指します。ちなみに昔はサルノコシカケ科に属していました。

霊芝の中でも変異体である【鹿角霊芝】は、有効成分が極めて多く含まれていることから、貴重な漢方薬・健康食品として注目を浴びています。

霊芝の成分と効能

霊芝の成分と効能霊芝に含まれる成分としては、免疫機能を高めることでガンの予防や癌細胞の増殖を抑えるといった効能が期待できるとされている【β-D-グルカン】以外にも、血流を良くして血圧の安定化に作用する【ガノデリン酸などのトリテルペン類】や、優れた抗酸化作用を持つことから、様々な生活習慣病の予防・改善に効果的であると言われている【有機ゲルマニウム】などの有効成分が豊富に含まれています。

霊芝の抗がん作用(抗腫瘍作用)

霊芝の効能の中でも最も話題にされることの多いのが【抗がん作用(抗腫瘍作用)】についてです。では何故?霊芝が癌の予防に対して有効な働きをするのかと言いますと、霊芝に含まれている【β-Dグルカン(ベータグルカン)】という有効成分の作用によるものであると考えられています。

β-Dグルカンはキノコ類や海藻類などに含まれているのですが、後述する【鹿角霊芝】には特に多く含まれており、その他にも【ハナビラタケ】【ヤマブシタケ】【メシマコブ】【アガリクス茸】といった種類のキノコにも、β-Dグルカンが多く含まれています。

β-Dグルカンの免疫機能活性作用

β-Dグルカンというは、ブドウ糖がたくさん結合した物質である多糖類の一種で、身体の免疫力を高める作用が強いことから、体内において免疫細胞を活性化させ、癌細胞の発生や成長を抑制する有効な働きがあるとされています。

このように、β-Dグルカンという成分そのものが、癌細胞に対して攻撃を仕掛けて消滅させるわけではなく、【マクロファージ】や【NK細胞(ナチュラルキラー細胞)】などをはじめとする免疫細胞を活性化させることにより、結果的にウイルスや細菌、がん細胞などを消滅させる仕組みになっているのです。

霊芝による高血圧の改善・肝機能の向上

霊芝には血圧を低下させる作用があることを示す結果が、動物実験や人での臨床試験で明らかになっており、高血圧症の改善をするといった効能も期待できると言われています。

これは霊芝に含まれる【ガノデリン酸】【ペプチドグリカン】【フコフルクトグルカン】といった有効成分が、血圧降下作用ならびに血圧の安定化に働きかけていると考えられています。また、ガノデリン酸は肝臓に対して有効な作用をもたらすといった研究結果が発表されており、肝機能をサポートする成分としても注目されています。

鹿角霊芝の栄養成分

【鹿角霊芝(ろっかくれいし)】というのは霊芝の中でも特殊なキノコで、もともとは突然変異によって発生したと言われており、自然に自生している鹿角霊芝は数万分の一ぐらいの確率でしか発生しないとされていました。それほど貴重なキノコなのですが、含まれている栄養成分も優れており、鹿角霊芝には免疫力を活性化させたり抗がん作用があると考えられている【β-Dグルカン】が、通常の霊芝やその他のキノコと比較して数倍以上も多く含まれています。

ちなみに、鹿角霊芝という名前は、見た目の形が鹿の角に似ていることに由来しています。

霊芝の摂取方法

霊芝・鹿角霊芝そのものを乾燥させて販売している自然体タイプのモノの場合、煎じてお茶にして飲むのが一般的な摂取方法なのですが、霊芝・鹿角霊芝の煎じ方や飲み方のポイントとしては、下記のような項目が挙げられます。

・霊芝・鹿角霊芝は洗わずに使用する
・水の状態から霊芝・鹿角霊芝を入れておき、弱火で煮詰める
・食前の空腹時に飲む

鹿角霊芝の栽培

近年では品種交配など栽培技術の研究が進歩したおかげで、国内でも鹿角霊芝が一定の生産量は栽培されているようです。しかしながら、鹿角霊芝は栽培時の温度や湿度に対して繊細に反応するそうで、環境条件の善し悪しが含有成分をはじめとする品質に大きな影響を与えることから、現在でもひじょうに貴重な霊芝であることに変わりはないようです。

霊芝のサプリメント

霊芝のサプリメント霊芝ならびに鹿角霊芝に関連した健康食品は、栽培から販売までを行っている専門メーカーをはじめ、健康食品を取り扱う店舗などでも購入することができます。実際に販売されている商品としては、霊芝・鹿角霊芝ともに乾燥させた自然体タイプのモノもあれば、それぞれを粉末にしたタイプのモノ、抽出したエキスを配合したサプリメント・タイプなど、幾つかの種類があります。

霊芝に限ったことではないですが、品質の違いにより含有される有効成分の量も異なるようで、価格には幅があります。

ニュース・トピックス

【糖尿病の指標のひとつ「HbA1c」】
血液検査で糖尿病の指標として利用されている「HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)」は、過去1〜2カ月の平均的な血糖の状態を確認するための数値です。

日本の医療機関ではこのHbA1cに「JDS値」という数値が表記されていたのですが、平成24年4月以降は国際標準である「NGSP値」という数値に変更されています。

新たに使用されているHbA1cの「NGSP値」は、従来の「JDS値」よりも数値が約0.4%高く表示されており、それに応じて糖尿病の診断基準ならびに血糖管理の目標値なども0.4%高くなることを考慮する必要があります。

Yahoo!ニュースより参照抜粋