肝硬変の食事療法

肝硬変の食事療法に関する解説と非代償期における肝硬変での合併症について。

肝硬変食事療法を考える場合、まず代償期であるか非代償期であるかによって栄養管理に違いありますし、合併症を伴っているかどうかによっても摂取する食事内容が異なってきます。ただ肝硬変において食事療法の基本となるのは、【適正なエネルギー量で、栄養バランスのとれた食事】であり、このベースをもとに病態に応じて食事制限しなければならない項目を守るように心掛けることが大切となってきます。

合併症を発症しだした非代償期の肝硬変では、病態に応じてしっかりとした食事療法が必要になりますので、定期的な病院での診断を受け、医師の指導のもと実施することが重要です。

肝硬変の食事療法【代償期・非代償期での違い】

肝硬変の食事療法肝硬変という病気は初期の頃では全く自覚症状が感じられないことが多く、症状が出ていない場合は【代償期肝硬変】と呼ばれ、全身倦怠感など何らかの症状が現れだした場合を【非代償期肝硬変】と呼んでいます。

代償期にある肝硬変と病態が進んだ非代償期の肝硬変では食事療法の内容も異なってくるので、肝硬変と診断された場合でもまずは病態の進行程度を把握する必要があります。

代償期肝硬変の食事療法

代償期の肝硬変の場合は、一般的な普通食でバランスのとれた食事内容を基本にした食事療法となり、特に制限される食品などはありませんが、塩分やカロリーの摂り過ぎには極力注意する必要があります。代償期肝硬変の食事療法において、推奨される食事内容としては下記のような項目が挙げられます。

・朝、昼、夕の3食を規則正しく食べる
・適正なエネルギー量を摂取し、糖尿病がある場合にはエネルギーの摂取制限をする
・多くの種類の食品を
・ビタミン、ミネラルを多く含んだ野菜類、果物類、海藻類などを積極的に摂取する
・食物繊維が多く含まれる食品を意識して摂取する
・塩分の多い食べ物は極力控える
・食品添加物を多く含む加工食品は極力控える

肝硬変の合併症

非代償期の肝硬変では合併症を発症することが多く、合併症の種類によって食事療法の内容で注意しなければならないポイントも異なってきますので、専門医の指導のもとで適切な食生活を続けることが重要となります。

非代償期肝硬変でみられる代表的な合併症としては、【腹水】【肝性脳症】【食道静脈瘤】の3つが挙げられます。

腹水

肝硬変が進行すると、血清タンパクの多くを占めている【アルブミン】という小さなタンパク質が減少していき、血管から水分(血漿成分)が漏れ出しやすくなることから、腹部に水が溜まり【腹水】を発症します。腹水が少量であれば軽い腹部膨満感を感じたりする程度ですが、腹水が多くなると腹部膨満感も強くなり、呼吸困難による苦痛を伴うこともあります。

【腹水がみられる肝硬変での食事療法】
非代償期の肝硬変で【腹水】の症状が現れている患者さんの場合、食事療法において塩分制限が基本的に行われ、水分の摂取量も控えるように指導されることが多いです。実際に制限される塩分量は腹水の程度に応じて異なり、食事療法のみで改善が見られない際には【利尿剤】の服用が行われます。

肝性脳症

【肝性脳症】というのは肝臓が機能不全に伴う精神神経症状のことで、意識障害や異常行動などの他、昏睡状態を引き起こします。肝性脳症のハッキリとした原因は解明されていませんが、肝機能が作用しなくなることで本来なら肝臓で解毒されるアンモニアなどの有害物質を分解することができなくなり体内に蓄積し、やがて神経毒性作用のあるアンモニアが脳に達することが大きな要因として考えられています。

【肝性脳症を伴った肝硬変での食事療法】
肝硬変の合併症で【肝性脳症】を発症している患者さん場合、タンパク質の摂取制限が食事療法の基本となり、便秘を予防する為に食物繊維を積極的に摂取するように指導されます。これは、タンパク質を多く摂り過ぎたり便秘を起こすことで、血液中のアンモニアの量が増加することを予防する為で、食事療法において欠かせない要素となります。

食道静脈瘤

肝硬変が進行すると腸から肝臓に流れる血管【門脈】の圧力が高くなり、心臓に戻る血液が他の経路を通るようになりだすことで静脈瘤(コブ状のもの)を形成するようになり、肝硬変では胃や食道の静脈に起こりやすく【食道静脈瘤】を発症します。食道静脈瘤が生じていても自覚症状はないのですが、食事の際などに刺激を受けて出血しやすく、破裂すると大出血を起こすことで吐血や下血が生じることもあります。

【食道静脈瘤を伴った肝硬変での食事療法】
肝硬変の合併症として【食道静脈瘤】が生じている患者さん場合、食事療法として注意しなければならないポイントとして、食道の炎症を悪化させるような刺激物の食品や熱過ぎる飲み物などは控え、静脈瘤を傷つけるような硬い食べ物や魚の骨など鋭角部分のある食材には注意する必要があります。また、食事をする際には咀嚼(そしゃく)を十分に行い、よく噛んでから飲み込むように心掛けることが大切です。

肝臓癌(肝癌)と肝炎ウイルス

肝臓癌(肝癌)と肝炎ウイルス肝臓の病気には肝硬変以外にも【脂肪肝】【急性肝炎】【慢性肝炎】などあり、最も危険な【肝臓癌(肝癌)】は日本でも増加傾向にあり、癌の種類の中では肺、胃、大腸に続いて多いという統計になっています。

肝臓癌には幾つかの種類があるのですが、殆どが肝臓内の細胞から発生する【肝細胞癌】となっており、発症原因としてはB型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスなどの感染によるものが殆どを占めると言われています。

C型肝炎ウイルスに関して言えば、日本における肝硬変の原因の6割以上を占めており、B型肝炎ウイルスと合わせると肝硬変の原因のおよそ7割から8割近くを占めることとなっています。

ニュース・トピックス

【がん検診とメタボ健診】
2008年4月からスタートした新しい健診制度である【メタボ健診(特定健診・保健指導)】が実施されてから、自治体による【がん検診】の受診者が減少しているとのこと。

この背景にはメタボ健診の受診が義務付けられているのに対して、がん検診は努力義務にとどまることから、市町村ら自治体の啓発活動がメタボ健診に集中したことによる影響と、サラリーマンの妻はメタボ健診を受診するにあたって夫が勤める会社の健康保険組合が指定する病院で受けることになったことで、市町村が実施する癌検診には行かなくなった主婦などが増えたことも要因として挙げられるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋