LDLコレステロールの基準値

LDLコレステロールの基準値と脂質異常症の診断基準などについての解説。

LDLコレステロール基準値として、血液中のLDLコレステロールの数値が【140mg/dl以上】であると異常値とされ、脂質異常症の中の【高LDLコレステロール血症】に該当すると診断されます。

脂質異常症である場合には生活習慣の改善が必須となり、食事療法と運動療法が治療の基本となりますが、患者さんの病状や動脈硬化を引き起こす原因となるその他の危険因子の有る無しによっては、薬によってコレステロールの数値を下げる薬物療法が実施されることもあります。

以前は脂質異常症のことを高脂血症という疾患名で呼んでおり、血液中の総コレステロール値も診断基準に入っていましたが、現在のガイドラインでは動脈硬化ならびにそれに伴う病気の予防や診療に対する基準から外しています。

LDLコレステロールの基準値と脂質異常症

LDLコレステロールの基準値LDLコレステロールの基準値は、血液中の血清LDLコレステロールの数値が【120mg/dl未満】であれば適性域とされており、【140mg/dl以上】であると脂質異常症の【高LDLコレステロール血症】と診断されることとなります。

また、これらの数値の間となる【120〜139mg/dl未満】であれば境界域ということになりますが、動脈硬化に対する他の危険因子の有無によっては治療対象患者となる場合もありえます。

これらの数値は日本動脈硬化学会が設定している脂質異常症に対する診断基準値の一つであり、その他にも血液中の血清HDLコレステロールの数値が【40mg/dl未満】であれば【低HDLコレステロール血症】、中性脂肪の数値が【150mg/dl以上】であれば【高中性脂肪血症】という診断基準が設けられています。

脂質異常症の診断基準値

脂質異常症には異常値を示す脂質の種類の違いによって下記のようなタイプがあります。

脂質異常症 診断基準値
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロールの数値が140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロールの数値が40mg/dl未満
高中性脂肪血症 中性脂肪の数値が150mg/dl以上

高LDLコレステロール血症の診断基準値

診断基準 血液中のLDLコレステロールの数値
適性域 120mg/dl未満
境界域 120〜139mg/dl未満
高LDLコレステロール血症 140mg/dl以上

LDLコレステロール値を下げるには

LDLコレステロール値を下げるためには、基本的に食事療法や運動療法といったように生活習慣の改善がベースとなるのですが、それらを実施し経過を見た上でなおかつ改善の傾向が見られない場合には薬物療法の適応が検討されることになります。

LDLコレステロールを減らす食事方法

LDLコレステロールを減らす食事の摂り方としては、一般的に次のような項目が挙げられます。

・適正なエネルギー摂取量を心掛け、食べ過ぎない
・コレステロールや糖分を多く含んでいる食品を控える
・肉類の脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を控える
・コレステロールの低下作用を持つ大豆製品を積極的に食べる
・食物繊維をたくさん摂取する
・抗酸化作用のあるビタミン類やポリフェノールを含む食品を積極的に食べる

悪玉コレステロールを減らす食事方法としては、【悪玉コレステロールの減らし方】のページでも説明していますので、そちらも参考にしてみてください。

LDLコレステロール値の計算方法

LDLコレステロール値の計算方法健康診断での血液検査の結果などでは、総コレステロール・中性脂肪・HDLコレステロールのそれぞれの数値が示されていても、LDLコレステロール値は明記されていない場合もあります。そのような時には、LDLコレステロールの数値を算出する計算方法があるので、自分の数値を下記の計算式に当てはめて導きだしてください。

<LDLコレステロール値の計算式>
【総コレステロール値】−【中性脂肪値÷5】−【HDLコレステロール値】=【LDLコレステロール値】

この計算方法の注意点として、中性脂肪の数値が400mg/dl以上の人の場合にはこの計算式は使えないということと、計算した数値と実際の測定値ではかなりの誤差が出るケースもあるので、あくまでも参考程度にお考えください。

ニュース・トピックス

【下痢や便秘などを繰り返す過敏性腸症候群】
健康診断などで胃腸の検査を受診してもこれといった問題がないのに、日常で下痢や便秘などを繰り返し起こすことがよくあるといった人が結構居られるようですが、もしかすると【過敏性腸症候群】である可能性が考えられます。

過敏性腸症候群というのは何らかの原因によって、小腸や大腸が過敏になることで便通異常を引き起こすといった病気で、ストレスにより自律神経のバランスが乱れることで発症しやすいと言われており、日常的にストレスが多くなりがちな現代社会では該当する患者さんが増加傾向にあると考えられています。

過敏性腸症候群になりやすい人というがあるらしく、生真面目・内向的・情緒不安定などといった精神的なストレスの感受性が強い人ほど発症しやすい傾向にあると考えられているようです。また、便通異常を必要以上に心配し過ぎることも、症状を改善しにくくしている要因のひとつになるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋