消化の良い食べ物・料理メニュー

消化の良い食べ物や胃腸の働きに負担をかけない料理メニューについての紹介。

消化の良い食べ物としては、【お粥】や【うどん】などが代表的な食品としてよく挙げられますが、これらの食べ物以外にも【豆腐】は消化吸収が良いうえ大豆製品なので良質な植物性タンパク質を含んでおり、料理にもさまざまな使い方ができる優秀な食材です。

果物であれば【リンゴ】や【バナナ】が消化効率も比較的良いのでオススメで、特にリンゴは「すりおろして」食べることで消化吸収もスムーズになります。

また、基本的に食物繊維は消化酵素によって消化されないので、比較的に食物繊維が多い野菜などの食材は、生野菜で食べるより煮物などの料理として食べるようにしたいものです。

消化の良い食べ物・食品

消化の良い食べ物・食品消化の良い食べ物・料理の基本的な要素としては、次のようなポイントが挙げられます。

・軟らかい食品
・食物繊維が少ない食品
・加熱調理された料理

このように食べてから消化に時間がかからず、胃腸の働きに負担をかけないことが前提となるのですが、消化の良い食べ物を推奨される状況というのは、胃痛や胃もたれ、腸の炎症など、消化器系統に問題が生じている時や、風邪や体調不良などで胃腸の調子が悪い時などが考えられますので、消化が良いだけでなく栄養補給もある程度必要であると考えられます。

栄養成分もしっかり摂取する

栄養面のことも考慮すると、【お粥】や【うどん】といった主に炭水化物がメインとなる料理だけでなく、消化吸収が良好でありつつタンパク質やその他の栄養成分を摂取できる【豆腐】などの大豆製品や、【卵】などといった食材も取り入れた料理メニューを食べるように心掛けましょう。

また、【牛乳】や【ヨーグルト】も消化が良く栄養素も豊富に含んでいるのでオススメの食品です。

消化の良い料理メニュー

ここでは消化の良い料理メニューとして代表的なものを紹介しておきます。

お粥・うどん・雑炊

お粥やうどんは消化の良いメニューとして代表的なのですが、それだけでは栄養が偏るので、卵を入れて卵とじのお粥にしたりする工夫をしましょう。お粥の味で飽きている時には、カツオや昆布などでダシをとった雑炊なども良いと思います。

鍋料理

鍋料理の食材として、消化吸収が良いだけでなく栄養成分が豊富な豆腐をメインとし、鍋料理によく使われる白菜の食物繊維は比較的やわらかく、煮ることで消化されやすくなります。魚などを具材として使う場合でも白身魚なら消化も良い方なので問題ありません。

茶碗蒸し

茶碗蒸しはひじょうに消化吸収も良い卵料理なので、胃腸にも負担が掛からないのでオススメのメニューです。食欲がない時でも食べやすく体も温まりますので風邪ひきの時や体調不良の時などに最適です。

料理レシピ・サイトを活用

料理レシピ・サイトインターネットでは、写真付きで便利なレシピを紹介している料理サイトがたくさんありますので、そういったサイトの料理メニューの中から消化の良い食材を使ったレシピを参考にして、献立を考えてみるのも良い方法だと思います。

ちなみに、【味の素KK】レシピ大百科:胃にやさしいレシピといったように、健康や美容にとって便利な特集レシピを掲載しているサイトもありますので、参考にされてみてはいかがでしょうか?

最後に、胃腸の具合が悪い際などには消化吸収の良い料理を食べるといったことも勿論のことながら、根本的に消化を促進するには、食事の際によく噛んでゆっくり食べること、また腹八分目に食べるということが大切です。

ニュース・トピックス

【肥満で肝臓がん発症リスクが高まる可能性】
男性ではガンの部位別死亡数(2011年)で第4位の肝臓がん。その発症原因としてはB型・C型肝炎ウイルスの感染によって生じる場合が多く、日本人に関して言えば約9割が該当するのですが、飲酒によってアルコール性肝硬変から肝がんに進行するケースもあります。

また、最近のマウス実験による研究結果では、肥満である方が肝臓がんを引き起こしやすいということが分かっており、その要因として肥満によって腸内である特定の細菌が顕著に増加することが影響しているとのことです。

この増加した腸内細菌が胆汁の成分を変化させ、肝細胞に損傷を与えることにより肝臓がんの発症リスクを高めている可能性が考えられるそうです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋