悪玉コレステロールの減らし方

悪玉コレステロールの減らし方の紹介と増える原因についての解説。

悪玉コレステロール減らし方には、食事の内容の見直しや運動を心掛けるなど、生活習慣の改善が根本的な方法となるのですが、悪玉コレステロールが増える原因には、生まれ持った遺伝的要素や加齢による影響、また糖尿病をはじめとする何らかの病気が誘発要因となっている場合も考えられます。

このようなことから、一般的によく述べられている生活習慣が原因であると思い込まずに、まずは病院できちんとした診察を受けてから対策をとるようにするのが重要です。また、【脂質異常症】が進行している場合には生活習慣の改善だけでなく薬を使用した治療法が必要な場合もあるので、まずは医療機関を受診することが最優先です。

悪玉コレステロールを減らす方法

悪玉コレステロールを減らす方法悪玉コレステロールを減らす方法としては、皆さんもある程度理解されていると思われますが、やはり普段の生活における食事内容や運動量などといった生活習慣を改善することが基本となります。

もちろん、既に病院で【高LDLコレステロール血症】といった【脂質異常症(以前は「高脂血症」と呼ばれていました)】の診断を受けている人であれば、悪玉(LDL)コレステロールを下げる治療薬の投与をするなど薬物療法を併用されるケースもありますが、その場合であっても基本的には食事療法や運動療法をベースとした改善策を実施することが一般的です。

悪玉コレステロールが増える原因

悪玉コレステロールが増える原因としては【生活習慣の乱れ】が最大の要因となり、単純に食生活や運動不足、喫煙習慣やストレス過多といったライフスタイルに密着した要因が最も多いのですが、それ以外にも【遺伝の影響】【何らかの病気の影響】が原因となって引き起こされている場合もあるので、念のため一度は病院で診察してもらうことをお勧めします。

遺伝性から生じる場合や何らかの病気が誘発要因となっている場合は、専門の医師の診断のもと治療を行うことが必須となりますが、最も多い原因である生活習慣は自らも意識して対策を講じて改善していく必要があります。

悪玉コレステロールを減らす食事療法

ここでは、悪玉コレステロールを減らす一般的な食事療法を紹介します。

過食を避ける

根本的に食べ過ぎによるカロリー過多は悪玉コレステロールを増加させることに繋がりやすくなりますので、毎日の食事における摂取エネルギー量を適正に保ち、腹八分目を心掛ける必要があります。

コレステロールが多い食品を控える

当たり前のことですが、コレステロールが多い食品を好んでたくさん食べていれば、それに比例して悪玉コレステロールも増加します。具体的な食べ物として、肉類の中でも【レバー】【ホルモン】などの内臓関連の食品や、【イクラ】や【たらこ】などといった魚介類の卵は、特にコレステロールを多く含む食品として挙げられるので食べ過ぎには注意する必要があります。

糖分の多い食品は控える

お菓子・ケーキ・清涼飲料水など糖分を多く含んだ食品の摂りすぎは、血液中の中性脂肪を増加させることとなり、それが悪玉コレステロールを増やすことにも繋がります。甘い物好きの方は「甘いものは別腹」と言って、ついつい食べ過ぎることが多いので注意しましょう。

飽和脂肪酸を少なくし、不飽和脂肪酸を摂る

魚類や植物の油に多く含まれる【不飽和脂肪酸】には、コレステロールを下げる働きがあり、その反対に肉類の脂肪や乳製品の脂肪に多く含まれまる【飽和脂肪酸】には、コレステロールや中性脂肪を増加させる作用があるので、毎日の食事では出来るかぎり飽和脂肪酸を少なくし、不飽和脂肪酸を含む食品の方を摂るように心掛けましょう。

食物繊維を積極的に摂る

食物繊維には【水溶性食物繊維】と【不溶性食物繊維】があり、どちらも悪玉コレステロールを減らすには効果的です。水溶性食物繊維は体内のコレステロールを下げる作用がありますし、不溶性食物繊維は水分を吸収してかさを増やし、胃の中で比較的長く留まっている特徴があるので、満腹感を感じやすくなり肥満を予防できます。

抗酸化物質を含む食品を積極的に摂る

抗酸化作用のある食品を摂取することで悪玉コレステロールが酸化されにくくなり、動脈硬化を防止することになります。抗酸化物質としてはポリフェノールやカテキンが有名で、一つ例を出すと、ココアに含まれるカカオポリフェノールは悪玉コレステロールの数値を低下させ、善玉コレステロールを増加させる作用があることが研究結果から明らかになっています。

悪玉コレステロールと善玉コレステロール

悪玉コレステロールと善玉コレステロール悪玉コレステロールというのは【LDLコレステロール】と呼ばれるもので、肝臓で作り出されたコレステロールが血液の流れに乗って体内の各組織の細胞に運ばれています。

一方の善玉コレステロールは【HDLコレステロール】と呼ばれるもので、体内の各組織で余ったコレステロールを回収していき、肝臓に戻す働きをしており、過剰に蓄積されているコレステロールを減らしていくことから善玉と言われているワケです。

ただ、コレステロール自体は身体が機能する為には必要不可欠な脂質の一種であり、問題なのはあくまでも血液中に必要以上に多くなることでさまざまな生活習慣病を誘発することにあります。

ニュース・トピックス

【ワンコイン健康診断・血液検査】
最近手軽な料金費用で健康診断を受診できるサービスが色々と実施され始めている傾向にあり、今までは定期的に健康診断などを受診していなかった若い年齢層の人を中心に話題になっている模様です。

【ワンコイン健康診断】を実施している「ピースカフェ」では、糖尿病検診・肺検診・骨健診などがそれぞれ500円で受診できる他、緑内障の早期発見の診察が1000円で受けることが可能です。

【ワンコイン血液検査】を実施している「ケアプロ」では、血糖値・総コレステロール値・中性脂肪値といった数値を把握する為の血液検査をそれぞれ500円で受診できるようになっています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋