食道がんの初期症状・生存率

食道がんの初期症状・生存率に関してと、発症の原因や治療法などについて。

食道がん初期症状には、【飲食時に食道周辺に痛みが生じる】といったことや、【熱いものを飲み込んだ際に食道がしみる】といった症状が挙げられます。ただ、早期食道がんの場合、全く自覚症状などを感じない患者さんが多く、先に述べたような症状を自覚できるようになった時点では、少し進行している可能性が考えられます。

食道がんの生存率は、リンパ節転移を起こしているかの違いにより大きな差となり、転移が生じておらず手術により切除できれば、手術後の5年生存率もかなり高くなります。

食道がんの初期症状

食道がんの初期症状食道がんの初期症状として代表的なものが、食事の時などに食べ物や飲み物を摂取した際に食道周辺で感じる違和感で、下記のような特徴が挙げられます。

・食べたり飲んだりする時に、胸の奥でチクチクする
・熱いものを飲み込んだ時に、食道周辺でしみる感じがする

ただ、食道がんの初期の頃ではハッキリとした自覚症状を感じないケースも多く、国立がんセンターの情報によると、人間ドックで内視鏡検査などを多なった際に発見される患者さんも2割程度居られるようです。

食道がんになる原因

食道がんになる原因としては、【タバコの喫煙】と【アルコールの飲酒】が大きな危険因子として考えられており、両方ともに行っている人の場合には発症頻度が高まる傾向にあると言われています。

その他の原因として、【熱い食べ物・飲み物を好んだ食習慣】というのも危険因子として挙げられます。食道がんになる人を統計的にみると、女性より男性のほうが圧倒的に多く、年齢層では60歳〜70歳に多く発病するとされています。

食道がんの生存率(5年生存率)

食道がん生存率(5年生存率)はその他の癌の生存率と同様に、患者さんのステージ(進行度を示す病期)によって異なりますし、各医療機関での治療成績の違いによっても異なってきます。日本食道疾患研究会による全国平均データをみてみると下記のような統計になっています。ただし、1988年〜1997年における全国統計ですので、あくまでも参考程度に捉えてください。

【日本食道疾患研究会(現在は日本食道学会)による全国平均データから参照】

病期 5年生存率
1期 64.5%
2A期 51.5%
2B期 34.0%
3期 19.8%
4A期 13.7%

食道がんの生存率に関してのもう一つのデータとして、がん専門の国公立病院など30施設が加盟する【全がん協】が公表している、1997年〜2000年における初回入院治療症例の5年相対生存率を引用掲載しておきます。

【全国がん(成人病)センター協議会の公表データから参照】

病期 5年相対生存率
1期 78.1%
2期 43.2%
3期 24.5%
4期 7.9%

リンパ節転移のない粘膜下層までの癌

食道がんに限ったことではなく全ての癌に当てはまる事ですが、早期がんであれば治療方法においての選択岐も増えますので、日頃から少しでも違和感を感じるようなことがあれば病院で診てもらったり、何より定期的な健康診断などを受診するように心掛けることが重要です。

胃がんや大腸がんなどと比較して、治療成績や予後が悪い方だと考えられている食道がんの場合でも、リンパ節転移のない粘膜下層までにとどまっている癌であれば、手術により切除することで術後の5年生存率は80%以上になるといった統計があります。

食道がんの治療法

食道がんの治療法としては、【内視鏡治療】【外科手術】【放射線治療】【化学療法(抗がん剤治療)】といった4つの治療方法が主なものとなり、がんの進行度ならびに患者さんの身体の状態を考慮して決定されます。がんの進行具合などにより、それぞれの治療法を組み合わせて行われる事もあります。

内視鏡治療

内視鏡治療は1時間ほどで終了しますし、手術に比べて身体への負担が少なく、翌日から食事をすることも可能といったメリットがありますが、内視鏡治療の対象となるのは早期食道がんの場合であり、リンパ節転移のない「表在がん」であることや、腫瘍の大きさや範囲などに適応条件があります。

外科手術

切開による外科手術は食道がんの最も一般的な治療方法で、病巣部である食道ならびに転移の可能性のあるリンパ節を手術で切除します。食道がんに対する外科手術では、腫瘍のある位置や進行度によって術式が異なり、患者さんの身体にかなり負担が掛かる長時間に及ぶ手術になるケースもあることから、体力的に耐えられないと判断された場合には、予後のことなどを総合的に考えて適応されないことがあります。

放射線治療

放射線治療はX線などの放射線を当てることにより癌細胞を殺す治療方法で、根治を目的として放射線療法が行われる場合と、がんによる痛みなどの症状を抑えることを目的とした対症治療的なケースでも実施されます。放射線療法での問題点は個人差もありますが、皮膚炎・嘔吐・下痢・食欲低下などをはじめとする副作用が生じる可能性があるということです。食道がんにおける放射線治療は、外来で行われるケースも稀にありますが、入院して行われることがほとんどです。

化学療法(抗がん剤治療)

抗がん剤の投与による化学療法は、手術で切除しきれない癌がある場合や、放射線治療が行えない部分に癌が遠隔転移をしている場合などに行われる治療法です。放射線治療と同じように個人差がありますが、化学療法(抗がん剤治療)においても副作用が生じ、全身のだるさをはじめ、吐き気、嘔吐、食欲不振といった症状が現れる場合があります。

放射線化学療法

放射線化学療法は、放射線療法と抗がん剤を使った化学療法を同時に行う治療法のことで、近年では放射線療法、化学療法をそれぞれ単独で行うよりも、両方実施する事でより大きな効果が期待できることから、手術の適応にならない患者さんへの主流な治療方法として注目されています。

食道がんの予防に野菜や果物を摂取

食道がんの予防食道がんの予防対策としては、禁煙することとお酒を飲み過ぎない、過度に熱い食べ物・飲み物を控える他、辛過ぎる食べ物などといった刺激物も控えてバランスのとれた食生活を心掛けることが大切です。

また、厚生労働省研究班が公表している統計調査で、【野菜や果物の摂取量が多い人ほど食道がんになるリスクが低下する】といった調査結果があります。習慣的に野菜・果物を多く食べているグループでは、あまり食べないグループに比べ、食道がんになるリスクがほぼ半減していたそうです。

ニュース・トピックス

【慢性疲労症候群】
疲れがなかなか解消されないといった悩みを抱えている人が結構居られますが、単純に疲労が蓄積されているだけでなく、体を動かせないほどの強い疲労が続いて日常生活が困難になるほどの状態が半年以上続く場合には【慢性疲労症候群(CFS)】と診断されることがあります。

かつてはなかなか病気と認知されにくかったのですが現在では診断基準が作られ、がんや生活習慣病などといった病気はないのに強い疲労状態と共にさまざまな症状が6か月間以上続く場合に慢性疲労症候群と診断されるようになりました。

慢性疲労症候群では疲労の他に、微熱や頭痛、関節痛、筋肉痛、思考力や集中力の低下、睡眠障害といった症状を伴うケースが多いと考えられています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋