脂肪腫の原因と治療

脂肪腫の原因と病院の皮膚科などで行われる治療についての解説。

脂肪腫原因としては今のところ確証のあることが判明していないのですが、身体に害を及ぼすような悪性腫瘍とは異なり、基本的に良性腫瘍であるといわれており、必ずしも早急に治療しなければならないといった病気ではありません。

ただし、脂肪腫を治療せずに放置したままであると、徐々に患部が大きくなることがあり、顔にできた時などで見た目の印象で気になる場合もあるかと思いますし、発生した部位によっては痛みを生じることもありますので、皮膚科で診察をしてもらい手術による治療を行うかを決めることが最善であると思います。

脂肪腫の原因

脂肪腫の原因脂肪腫の原因としては、脂肪を蓄えた細胞が増えていくことで生じるので、細胞に影響を与える組織に何らかの異常があるのではと考えられているようですが、医学的にハッキリとした原因は解明されていません。

ただ、今までの患者さんの統計から、遺伝子異常が脂肪腫の発生に関係しているといったことが述べられており、そのことと関連性があるかは分かりませんが、生まれもっての体質的に脂肪腫ができやすいといった人も居られるようです。

アテローム(粉瘤)

脂肪腫とは皮膚の下側で脂肪細胞が増殖してできる【しこり】や【できもの】の総称で、よく似た症状に【アテローム(粉瘤)】がありますが、アテロームは皮膚の中に角質や皮脂などの老廃物が溜まって袋状になるものですので、脂肪腫とアテロームは似て非なるものです。

脂肪腫は体のある特定箇所にできるとは限らないのですが、背中、顔、首、腕・肩・脇の下の周辺など、上半身にできやすいようです。

脂肪腫の治療

脂肪腫のほとんどは良性腫瘍ということもあり、がンなどの悪性腫瘍と違い治療しないからといって生命に関わるようなことはないのですが、放置したままであると大きくなって目立つようになるケースもあるので、先ずは皮膚科などの専門病院にて診断してもらい、経過観察をみるなど相談のうえ治療手術を行うかの判断を下すのが良いと思われます。

脂肪腫の治療方法としては、【しこり】や【できもの】となっている患部を切開手術によって切除し摘出する方法が一般的で、脂肪吸引による治療を実施している病院もありますが、やはり手術による治療の方が多いようです。

痛みが生じる場合

脂肪腫は一般的に痛みなどの症状を伴うことが無いようですが、できる場所によっては神経を圧迫することで痛みが生じる場合もあるので、何はともあれ一度医療機関にて診察を受けることをお勧めします。

犬の脂肪腫

犬の脂肪腫脂肪腫は人間に限ってできる病気ではなく、犬などにもよく発生するようで、特に歳を取った老齢犬での発生率が高いとされています。

犬の脂肪腫も人間にできるものと同じで、ほとんどが良性の腫瘍なので健康上で害を与えることはないのですが、やはり放置しておくと次第に大きくなっていきますし、脂肪腫ではなくその他の病気である場合も考えられますので、ペットとして飼われている犬などに脂肪の塊のようなものができていると気付いた場合には、それが脂肪腫なのか確認する為にも一度動物病院で獣医さんに診断してもらうことをお勧めします。

ニュース・トピックス

【ピロリ菌がアレルギー性疾患の予防に】
ピロリ菌というと胃潰瘍や胃がんの原因になる細菌ともいわれていますが、最近ではピロリ菌が作り出す物質に意外な効用があるということが筑波大学と米ハーバード大学、英バーミンガム大学などとの共同研究により発見された模様です。

その物質というのは、ピロリ菌が作る「ChAcG(コレステリルアシルグルコシド)」というコレステロールの一種で、このChAcGを幼少期のマウスに投与すると成長後に気管支ぜんそくの発症が大幅に抑制されたとのことで、同じような発症メカニズムであるアトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー性疾患全般に対しても予防できる可能性が考えられるそうです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋